[J1リーグ第8節]湘南ベルマーレ戦

Jリーグ

こんにちは。しゃっちーです

本日は、湘南ベルマーレ対名古屋グランパスの戦いのレビューをします

まず、本日の総括をすると、厳しいかもしれませんが

ひどい

の一言です

それでは、それぞれの解説をいたします

スポンサーリンク

フォーメーション

今節のフォーメーションはこのようになりました 長澤選手、成瀬選手がいつもと違う顔ぶれだと思います!

攻撃的に攻めていこう!

っていうメッセージだと思われます

結果

0-0

引き分けとなりました 前半終了間際に湘南の選手が1人退場したにも関わらず、点をもぎ取ることができませんでした

この結果ゆえに最初のひどいに繋がるんです angry

改善点

点の取り方

毎回同じことを言わせていただきますが、

守備が堅く、守備の陣形が整った相手から点が取れません 今の名古屋グランパスの改善はこれにつきます!! 特に名古屋グランパスの苦手な条件として

  • サイドのスペースがない
  • 中が固められる
  • ドリブラーにはカットインと縦を潰される

だと思われます 今節の試合が始まった時は、サイドにスペースがあり、質の高い攻撃になっていました

しかし、相手が1人少なくなったために、守備に重きを置かれ、思うような攻撃ができなくなりました

完全に名古屋グランパスの苦手な相手に代わりました

その結果、 1人多いのに引き分け という最悪な結果を招くことになりました

クロスの質

後半になって固めた相手に対して、

クロス

を多用していました

しかし、そのクロスは誰にも合わず、相手キーパーにキャッチされてしまいました

セットプレーも同様です

せっかくのチャンスなのに相手の脅威にならないクロスをどうにかするべきだと思いました

クロスの質

これを向上させてほしいですね

山﨑選手など長身プレイヤーはいるので、

正確なクロス、質の高いクロス

を身につけ、新しい攻撃パターンにしてほしいです

良かった点

引き分けで納得いかない試合でしたが、良かったところもありました

そして今回は毎度恒例の守備以外のポイントを話したいと思います

守備が素晴らしいのは当たり前ですから(笑)

前線の落とし

今節は前線に長身の山﨑選手がいました

その結果、山﨑選手にボールをあずけ攻撃を組み立てることができていました

山﨑選手もトラップにパスの技術が向上していますね

やはり、前線にボールを収められる選手がいるのはいいですね~ 攻撃の幅が広がります

相手が嫌なクロス

キーパーと相手ディフェンスの間に出す早いクロス(アーリークロス)

がとても効果的だったと思います

これは、よくマテウス選手が出すクロスになります

このクロスを入れることで、キーパーとディフェンスは判断に迷います その結果、

  • 味方が触れば入る
  • オウンゴールを誘発できる
  • 相手が触ることができない

などの利点があります

相手の陣形が整う前に、素早く攻める!

前に詰める選手はいるので、あとはそれに合わせられるようにしたいですね

新しい名古屋の攻撃パターンになりえると思います

ランゲラックの技術

守備になってしまいますね(笑)

これは分かりにくいですが、スーパープレイでした

相手と1対1の状況で的確に相手に詰めることで、ゴールを外させました

  • 1対1になるかもしれないと想像し、準備をする
  • 素早く相手に詰める
  • シュートコースを狭めさせる

こんな感じでランゲラック選手の素晴らしい技術が詰められていました

おわりに

Jリーグ第8節湘南ベルマーレ対名古屋グランパスの試合解説でした 1人多い状況なのに、0-0で終わってしまった名古屋グランパスでした

やはり、守られた相手から点を取ることが名古屋グランパスの課題ですね

移籍市場は終わったので、今いる選手でどうにかするしかありません

もしかしたら、試合に出ていない選手が状況を打破してくれるかもしれませんね

素晴らしい選手が揃い、選手たちの技術も向上しているので点は取れると思います

今後のグランパスに注目です

次節アウェイ大分では点が取れることを祈っています それではまた次回お会いしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました