[J1リーグ第17節]浦和レッズ戦

Jリーグ

J1リーグ第17節アウェイでの浦和戦になります

2戦連続で得点0が続いている名古屋グランパスです

得点力不足が浮き彫りになっています

この名古屋グランパスは得点をし、勝利を手にすることはできるのでしょうか

また浦和のストライカー・ユンカーを止めることはできるのでしょうか

それでは参りましょう

スポンサーリンク

フォーメーション

いつもと一緒です(笑)

今回はあべちゃんが久々にベンチに入っています

あべちゃんがいることで、パスワークが良くなります

パスが繋がらなくなったら、あべちゃんを入れる

このような意図があるのかなと思います

試合結果

0-0

で引き分けでした

前回の仙台戦に比べて相手のゴールを脅かす攻撃ができていました

しかし、最後までゴールを奪うことはできませんでした

やはり、点取り屋・ストライカーが不足していると感じます

名古屋にフィットする点取り屋がほしいですね

そして、見事にユンカーも抑えて無失点で試合を終えました

点は取れませんでしたが、

  • 丸山選手不在の中無失点で抑えられたこと
  • 相手のエースを止められたことは

大きな収穫でした

それでは、今節の名古屋の良かった所をまとめます

名古屋の良かった所

今節の名古屋グランパスの良かった所をまとめます

山﨑選手が競り勝てたこと

今まで、ワントップにいる山﨑選手にロングボールが来ても、相手に競り負けてボールを収めることができませんでした

その結果、攻撃を組み立てることができず、ボールを無駄にしていました

しかし、今節では相手ディフェンスに対して競り勝てることができていました

その結果、ボールを収めることができました

そして、柿谷選手やサイドの選手にはたくことで攻撃を組み立てることができました

  • 山﨑選手が競り合いに強くなった
  • 相手ディフェンスが弱かった
  • 今までのディフェンスが強すぎた

このどれかが上手くかみ合ったんでしょうね

山﨑が強くなっていたことがベストでしょう

やはり、ワントップで収められることは大事な力だと改めて感じられました

CBの位置

前節は右に中谷選手、左に木本選手でした

しかし、今節は右に木本選手、左に中谷選手でした

これになんの意味があるのか?

それは

左サイドにボールを預けられるようにするためです

木本選手と中谷選手を比べると圧倒的に中谷選手の方が足元が上手いです

前節は木本選手から吉田選手へのボールがずれて攻撃が上手く組み立てられていませんでした

しかし、今節は足元が上手い中谷選手だったので、吉田選手に上手くボールが収まりました

その結果、パスが上手く通りスムーズな攻撃に繋がりました

今まで左利きの丸山選手が左の位置にいたので気にならなかったことですが、怪我していなくなってから、大事さに気づきました

やはり、左利きCBの丸山選手の存在は偉大だったと感じますね

エースに仕事をさせなかった

今節は、相手のエースに仕事をさせなかったことが一番大きなポイントだと思います

前節まで連続で点を決めていた波に乗っている浦和のエースユンカーを完璧に抑えました

  • ユンカーにボールが渡る前に相手を潰す
  • ユンカーにボールが入ったらすぐに潰す
  • マンマークでディフェンスする

このように徹底することで、完璧にユンカーに仕事をさせていませんでした

やはり、名古屋の守備は素晴らしいですね

おわりに

J1リーグ第17節浦和レッズ対名古屋グランパス戦の解説でした

名古屋の課題は得点力だと改めて浮き彫りになった反面、相手のエースを完璧に抑え守備が素晴らしいことを改めて認識することができました

しかし、やはり点を取らないと勝てないのがサッカーです

  • ストライカーを緊急で補強する
  • 山﨑選手、柿谷選手に覚醒してもらう

どちらか、もしくは両方に期待ですね

次は6月9日に天皇杯があり、6月22日からはACLが始まります

リーグ戦は一時中断ですが、天皇杯、ACL無事に勝ち進みましょう

2021年Jリーグ勢のACL日程とACLの放送

それではまた次回お会いしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました